あなたも参加しませんか?

新着情報

2019.11.12

求人情報を更新しました

2019.11.09

「臨床工学技士の業務実態調査」について、調査期間が2019年11月30日まで延長されました。

2019.11.06

「電波の安全性に関する説明会」、「医療機関における電波の安全利用に関するセミナー」 開催について掲載しました

2019.11.04

「不整脈セミナーⅡ ~アブレーション(中級編)~」 開催のご案内を掲載しました

2019.11.04

日本臨床工学技士会、代議員からのお知らせを更新しました。

2019.10.21

「第30回東海透析技術交流会」 開催のご案内を掲載しました。

2019.10.18

「第3回臨床工学技士部門代表者会議」について掲載しました。

2019.10.14

「第30回日本臨床工学会 一般演題募集開始のお知らせ」について掲載しました。

2019.10.14

「第30回日本臨床工学会および2020年度公益社団法人日本臨床工学技士会総会運営委員募集のお知らせ」について掲載しました。

2019.10.01

「呼吸療法セミナーⅡ」 開催のご案内を掲載しました。

お知らせ

第3回臨床工学技士部門代表者会議について

第30回日本臨床工学会 一般演題募集開始のお知らせ

一般演題募集を開始しました。たくさんのご応募お待ちしております。

第30回日本臨床工学会および2020年度公益社団法人日本臨床工学技士会総会運営委員募集のお知らせ

令和3年度一般社団法人愛知県臨床工学技士会第16回学術大会大会長募集について 

 日本災害時透析医療協働支援チーム(JHAT)について JHATホームページはこちら!

この度、災害対策事業の一環として日本臨床工学技士会、日本腎不全看護学会、日本血液浄化技術学会、日本透析医会の4団体がメンバーとなり、日本災害時透析医療協働支援チーム(JHAT)が組織され活動が始まっております。会員の皆様におかれましては一度ホームページをご覧頂いて災害対策意識向上を図って頂くとともに、JHAT隊員登録、JHAT研修参加募集についても記載がありますので合わせてご確認ください。

災害対策委員会

日本臨床工学技士会 代議員からのお知らせ

「臨床工学技士の業務実態に関するアンケート調査」ご協力のお願い

実施期間:2019年10月1日(火)~11月30日(土) ※調査期間が延長されました。
対象:全会員
内容:臨床工学技士の業務実態調査
方法:Web(eプリバド)

2019年版 透析排水基準

医療機器の添付文書記載例について(その9)

医療安全情報No.155「小児用ベッドからの転落」

薬剤溶出型冠動脈ステント及び薬剤塗布型冠血管向けバルーン拡張式血管形成術用カテーテルに係る使用上の注意の改訂

ゲル充填人工乳房等に係る情報提供

医療事故情報収集等事業について

医薬品・医療機器等安全性情報報告制度について

薬局ヒヤリ・ハット事例集等

「臨床工学技士の業務実態に関するアンケート調査」ご協力のお願い

実施期間:2019年10月1日(火)~10月31日(木)
対象:全会員
内容:臨床工学技士の業務実態調査
方法:Web(eプリバド)

献血血液等の研究開発等への使用指針の公募

医療安全情報№154

(一社)日本電気制御機器工業会 医療機器用 操作スイッチガイダンス配布について

膜型血漿分離器の対応について

第33回臨床工学技士国家試験について(官報)

医療用医薬品等に係る消費税引上げへの対応等について

植込み型医療機器等のMR安全性にかかる対応について

医療事故情報収集等事業「医療安全情報No.152」の提供について

腎代替療法専門指導士の発足と当会の資格制度につきまして

第64回日本透析医学会(6月末に開催)において、「腎代替療法専門指導士」が創設されるとの情報を得ましたので、情報提供いたします。
本指導士は腎代替療法の治療の質の向上を目指すものであり、看護師、臨床工学技士、薬剤師および管理栄養士の国家資格を有する者が、日本透析医学会が実施する講習を受けることにより与えられる資格です。
また、現在、令和2年度の診療報酬改定に向けて様々な議論が行われるところですが、CPADや在宅透析の導入患者に対して本指導士が指導を行った場合において、導入期加算の増額を求める動きもあるとのことです。
 
なお、本指導士取得の講習受講のために職種ごとの要件が設定され、臨床工学技士においては血液浄化専門臨床工学技士および認定血液浄化臨床工学技士、認定医療機器管理臨床工学技士を有する者とされる予定です。
日本臨床工学技士会では、この制度に対応すべく、認定・専門臨床工学技士の指定講習会や検定試験の本年度の予定を一部変更いたします。正会員の皆さまにおかれましては、趣旨をご理解の上、まずは認定血液浄化臨床工学技士などの取得をご検討いただくよう、お願い申し上げます。

この度の情報提供は、現時点で当会が把握する情報に基づくものであり、今後、詳細部分につきましては変更の可能性があることをお含みおきください。

(参考)2020年3月末までに「認定血液浄化臨床工学技士」を取得するためのモデル
1. 【2019年8月開催 指定講習会(eラーニング)】を受講
    現在、追加募集中:7月16日(火)~7月28日(日)
2. 【2019年12月実施 検定試験(追加)】を受験
3. 【2020年1~2月頃 認定申請(追加)】に申請 (結果は2020年3月までに通知)
以上

「医療用医薬品の流通改善に向けて流通関係者が遵守すべきガイドライン」に関する質疑応答集(Q&A)について

医療事故情報収集等事業 2018年年報および第57回報告書の送付について

第2回常任理事会および理事会の議事録について

ゲル充填人工乳房の「使用上の注意」の改訂について

タスク・シフティングについて

日本臨床工学技士会 本間崇理事長よりタスク・シフティングにつきまして情報提供がありましたので、ご連絡します。
(以下原文)

平素より、お世話になっております。
先日、タスク・シフティングにつき、厚労省のヒアリングがございました。
すでに資料も公開されており、ご報告が遅れまして、申し訳なく存じます。
  https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05233.html
ご承知のとおり、こちらの資料(添付)にタスクシフト可能としております項目は、各業務検討委員会が、業務拡大が必要とし列挙くださったものをベースにしまして、タスクシフト委員会で、周辺状況などを考慮の上、まとめさせていただきました。ただし、医師の働き方改革は5年後に本稼働、現行制度下で対応可能なことが最優先、今後、関係の各種団体との協議により、実現に移管可能な項目が決定してまいります。本情報を、例えば、都道府県の会員さまにシェアいただくこともあるかと存じます。その場合、ブロック理事や人材活性化委員と連携を図り、適切にお願いいたします。業務拡大は我々の悲願ですが、今後、様々な動きがある旨、お含みおきください。


公益社団法人日本臨床工学技士会
理事長 本間 崇

医療事故情報収集等事業 「医療安全情報No.151」の提供について

第1回常任理事会および理事会の議事録について

医療事故の再発防止に向けた提言第9号の公表について

求人情報

神戸大学医学部附属病院

碧南市民病院

独立行政法人国立病院機構 名古屋医療センター


独立行政法人 地域医療機能推進機構 中京病院


名古屋共立病院


愛知県厚生農業協同組合連合会 海南病院


名古屋市立大学病院


医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院東分院

催事案内

呼吸療法セミナーⅡ ~疾患について~

日時:2019年11月16日(土)
会場:JPタワー名古屋5階 名古屋市立大学ミッドタウン名駅サテライト

不整脈セミナーⅡ ~アブレーション(中級編)~

日時:2019年12月14日(土)
会場:中部大学名古屋キャンパス

関連・後援団体

第30回東海透析技術交流会

日時:2019年11月24日(日) 12:00~16:30
会場:名古屋ルーセントタワー16階会議室(名古屋市西区牛島町6-1)

電波の安全性に関する説明会

~電波が人体に与える影響と不安を解消するために~
日時:2019年12月1日(日) 13:00~14:30(受付12:30~)
会場:藤田医科大学病院 外来棟6階 セミナールーム6-3(豊明市沓掛町田楽ヶ久保1-98)

医療機関における電波の安全利用に関するセミナー

~医療関係者が電波を安全に利用するために~
日時:2019年12月1日(日) 15:00~17:15(受付14:30~)
会場:藤田医科大学病院 外来棟6階 セミナールーム6-3(豊明市沓掛町田楽ヶ久保1-98)